結婚指輪のルーツ | 大阪で注目!手作り結婚指輪のブランド

HOME » 大阪で注目の手作りリング » 結婚指輪のルーツ

結婚指輪のルーツ

結婚指輪のルーツ

結婚する男女がおそろいの指輪をつけるのは現在では当たり前になっていますが、いつからこの習慣があったのか、そのルーツは中世ヨーロッパだといわれています。
それよりもさらに昔、古代ローマ時代には現在でいうところの婚約指輪の習慣はあったという説もありますが、結婚した男女が結婚指輪をする習慣が定着したのは中世ヨーロッパだとされているのです。

日本国内にこの習慣が伝わったのは明治以降とされています。
それより前の時代の日本人には指輪をする習慣はなかったとされており、明治以降、西洋文化が日本に伝わると同時に知られ、大正、昭和と時代が進むにつれて定着したと考えられています。
日本人にとって結婚指輪のルーツはこのようになっており、比較的最近になって広まった習慣にはなります。

現在では利用者多数

ルーツは先にご紹介したようなものですが、現在では結婚指輪はすっかり定着しており、結婚する男女は指輪を用意するのも普通になっていますよね。
これが憧れになっている方もおられますから、結婚する以上は必ずこの指輪を用意したい方も多いでしょう。

社会に定着しているだけに、結婚指輪を作っている職人や売っているショップも多くあるため、現在では非常に簡単に手に入る指輪になっています。
バリエーションも多く、宝石をふんだんに使った高級品もあれば、手軽に手に入るシンプルな指輪もあります。
多くのニーズに応じてちょうどいい結婚指輪が手に入る環境となっていますから、結婚にあたって少しでも指輪が欲しいと思えば購入を考えてみてください。

ちなみに結婚指輪が本当に必要なのか、あまり興味がない方など疑問に思うこともありますよね。
ルーツをたどると、時代によってはこの指輪が結婚の手続きのために必要だった可能性もあるのですが、現在では当人同士の好みで用意するものに近い意味合いとなっています。
必ず必要というわけではありませんが、目に見える夫婦の絆の証になりますから、用意する方は少なくありません。
興味があれば購入してみるといいでしょう。